読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

140516&17 浦和vsC大阪

友達のお誘いで、東京へ1泊旅行へいきました。

金曜の夜は、大好きなフーターズへ。その日、着いてくれたフーターガールはコロンビア人のブレンダさんでした。若干20歳の大学生。日本語がペラペラだったので、日本育ちかなぁと思ったけど、来日して5年目と聞いてビビリました。

英語も流暢で、外国人受けもよかったです。日本に来て相当、努力したんでしょうね。

f:id:mole5500:20140610075942j:plain
f:id:mole5500:20140610075954j:plain

翌日は埼玉スタジアムへ浦和vsC大阪観戦。

f:id:mole5500:20140610080017j:plain

友達が浦和ファンですが、自分はどこファンとかそういうのは無く、単純にゲームの中身を見たかったのであります。浦和の宗教的な応援スタイルはどうも苦手

f:id:mole5500:20140610080037j:plain
f:id:mole5500:20140610080054j:plain

あと見たかったのは柿谷のトラップとフォルランのプレー。こう考えるとC大阪ファンなのかも知れません。

最終ラインを上げて、コンパクトなスペースで戦う浦和と、中盤(南野と山口)から柿谷・フォルランへボールを放り込むC大阪でボール支配率も見た感じ五分五分でしたが、浦和の生え抜き関根が個人技使ってゴール奪って1-0勝利。

友達には悪いですが、あれだけスター選手をそろえて、シュートをはずしまくった浦和にががっかりでした。それに比べて、中盤で相手を翻弄する19歳の南野と、途中出場の扇原の若いC大阪に将来性を感じました。

自論ですが「トップチームの成績は育成の出来」だと思います。ユースでやりたい子が多くいてチーム内で競っていかないと、選手層は厚くなりません。

また、見に行きたいと思います。もっと静かに見られるといいんだけどw